あさレポ

安全運転支援クラウドサービス
安全運転支援クラウドサービス

今回の法改正は「白ナンバー」車に対しても
運転前後のアルコール検知器による飲酒チェックが義務付けられます。

  1. 運転前後に酒気帯びの有無を目視確認
  2. アルコール検知器を使って確認
  3. 確認記録を帳簿やデータで1年間保存
  4. 正常機能するアルコール検知器を常備

安全運転管理者がこれらの義務を実施しない場合、、、

都道府県公安委員会は安全運転管理者の解任命令を出すことができ、5万円以下の罰金が科せられます。

出勤前にアルコールチェックと検温を行うメリットとは…

  • 飲酒時体調不良時に警告通知で交通路リスクを軽減
  • 交替運転者の手配もスムーズ
  • 検温で新型コロナへの対策

携帯可能な小型デバイスだから出張時にも手軽に測定可能

  • Bluetooth対応!ケーブル不要でスマートフォン連携
  • デバイス単体でも測定データを保存可能(前回測定のみ)
  • 自分専用デバイスで安心測定
  • 直行直帰も対応

AI顔認証でなりすまし防止!測定データはクラウドサーバで一括管理

  • 専用アプリのログインにAI顔認証を採用し、なりすまし防止!!
  • 測定時の顔写真を自動撮影、測定地点の位置情報も取得!!
  • 測定データはスマートフォンアプリからクラウドサーバに即時送信・一括管理

利用料金

プラン内容単位金額(税込)
対応デバイスXENSE 82BT(SEIKOIST株式会社製品)7,700円
サービス初期登録無料
サービス月額利用料※定額プラン使い放題(月間)月額/ユーザー1,100円
従量課金プラン仕様日数で課金1日/ユーザー110円
【オプションメニュー】
ユーザー登録代行
ユーザー登録を弊社が代行して行うオプションメニューです。
ユーザー登録は利用者自身でも行えます。
ユーザー都度見積

※サービス月額利用料はユーザー単位で設定。定額プランと従量課金プランの併用も可能です

運用イメージ

Step1

顔写真登録

事前に顔写真をあさレポに登録

Step2

インストール

専用アプリをインストール
デバイス連携を行います

Step3

アルコールチェック&検温

スマートフォンとデバイスを連携させて、アルコールチェックと検温を実施

Step4

クラウドサーバへ記録

撮影した画像データとアルコールチェック・検温の結果をクラウドサーバに送信・記録

(1)顔認証 (2)画面遷移 (3)デバイス接続 (4)画面遷移
(5)検温 (6)画面遷移 (7)アルコールセンサー準備
(8)カメラ表示後息吸い込み (9)アルコールチェック

(10)アップロード

資料ダウンロード・お問い合わせ